アイデア例

公式Facebook

最新の情報やインタビューなどをご紹介しています

ウッドトランスフォームシステムとは...

ウッドトランスフォームシステム(以下「WTS」という)とは、日常生活で人々の役に立つものとして利用されながらも、災害発生時にはトランスフォームし、被災者の避難所生活や復旧活動を支援する木造のシステム製品です。

今回、WTSの様々なアイディアを募集し、優れたアイディアを競うコンペティションを開催します。ここで集められたアイディアが将来具現化されていけば、木のぬくもりにあふれた風景の中で、災害にも強い豊かな街づくりを進めていくことができます。

ウッドトランスフォームシステムコンペティションは、
多くの可能性を秘めています!

木材利用の可能性を大きく広げます

  • 平時も災害時にも、木のぬくもりとやさしさに包まれた空間が実現できます
  • 循環型資源である木材の利用は、持続可能社会の構築に繋がっていきます

特別な備蓄スペース不要で災害発生後すぐ対応が可能です

  • 様々な場所に設置できるため、安心安全な街づくりに貢献します
  • 災害時、搬入に時間を取らずすぐに被災者の避難所生活に役立ちます

優秀賞の2作品は実物を製作します

  • アイディアや夢を具現化できるよろこびを共有できます
  • 今回の試作が実際の導入と実現に向けた一歩となります

募集要項

持続可能な暮らしを未来につないでいくために、様々な分野へ木材利用の可能性を創りだしていくことが求められています。日本木材青壮年団体連合会(以下「日本木青連」という)は、木材をつかった防災システムの構築を目指し、平成28年にウッドトランスフォームプロジェクトを実施しました。熊本地震発生後、避難所へプロトタイプが設置され高い評価を得ましたが、その一方で、利用者や関係者から実際の導入に向けた改善提案や多様な変形アイディアを得ることができました。

そこで今回、フェンス、デッキから応急仮設施設という変形にとどまらず、様々なスタイルの木造の変形システムをWTSとして再定義しました。そして、日本全国からたくさんのアイディアを募集し、将来WTSが実社会に組み込まれる防災システムとして普及することを目指します。

  • 応募資格

    不問

    ※個人、法人、団体、グループ、連名問わずご応募いただけます。お一人もしくは一団体で複数作品ご応募いただけます

  • 募集期間

    2018年10月1日(月) ~ 2018年12月28日(金)

  • 審査基準

    以下の項目に適合しているかを総合的に判断して表彰作品を選定いたします。

    ● 木材を有効に活用しているもの ● 平常時の有用性
    ● 災害発生時の有用性 ● デザイン性

    <考慮すべき事項>

    ・災害時、平時問わず、安全なものであること

    ・工具を使用する場合は、備蓄している工具を使用すること(備蓄方法も明記すること)

    ・簡単に変形作業ができること

    ・設置場所は屋内外を問わない

  • 結果発表

    2019年2月末 受賞作品決定、当選発表 (入賞者にはメールにて通知いたします)

    2019年3月  表彰式 (日時・会場は、特設サイトにて後日お知らせいたします)

    ※日本木青連ホームページ内 特設サイトで入賞者、入賞作品を公表いたします

    ※日本木青連 WEB広報誌「ウッディレター」にも掲載する予定です

  • 表彰

    ●最優秀賞:1作品 ●優秀賞:1作品 ●その他入賞作品:約8~10作品を予定

    ※最優秀賞と優秀賞受賞の2作品は、試作として、それぞれ実物製作を行います。

    ※受賞者には各賞とも記念品を贈呈し賞状を授与します。

  • 注意事項

    <個人情報について>

    ・個人情報に対するアクセス、個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどを防止するため、適切な安全対策を講じます。

    ・本事業で入手した個人情報は、主催者ならびに主催者の委託を受けたものが本事業の実施に必要な範囲でのみ利用します。ただし、下記の場合のみ第三者へ提供いたします。
    1) 法令、行政当局の指導により開示を求められた場合
    2) 特設サイト、印刷物、マスコミでの公表(氏名のみ)

    <応募作品について>

    ・応募作品は、第三者の知的財産に関する権利及びその他の権利を侵害していないものに限ります。権利侵害の事実又はその恐れがあることが判明した場合、受賞後であっても取り消すことがあります。

    ・上記の侵害行為があった場合、それに関するトラブルの責任は一切負いかねます。

    ・公序良俗その他法令の定めに反するもの、誹謗中傷を含むものは審査の対象外となります。これらの条件に反していることが判明した場合、受賞後であっても取り消します。

    ・最優秀賞と優秀賞受賞の2作品は、試作の製作をいたします。製作にあたっては、作品の一部を改変する場合があります。

    ・応募作品の発表に関する権利は主催者側が保有します。

審査委員会

※敬称略

審査委員長

伊藤 滋 (都市計画家、東京大学名誉教授)

防災とは、災害発生直後の応急対応から復興、事業継続計画に至るまで、非常に広い範囲に及ぶ概念です。その中でも応急対応から復旧に至る段階での被災者支援の質を高めるためには、発災前に予め被災者支援システムを社会に組み込んでおく必要性があります。

本コンペティションでは木材利用に着目しながら、多種多様な被災者支援システムのアイディアを日本全国から募集することで、人々の防災意識の向上を目指します。また、木材は人の生理面や心理面に良い影響を与えることが知られており、香りや手触りによるリラックス効果は、その一例です。被災後の避難生活において、木造の設備の導入が進めばストレス軽減に役立つでしょう。そして、平時も有効活用できるものとして街の様々な場所に導入を進めてゆけば、特別な備蓄スペースをとらないというメリットだけでなく、都市景観の木質化という新たな展開を生み出します。それは、木材を多用した持続可能な循環型社会の実現に向けた一歩となると大変期待しております。

審査委員長として、ウッドトランスフォームシステムコンペティションの成功を心から望んでおります。皆様からのご応募をお待ちしております。

審査委員

  • ● 石川 永子(横浜市立大学国際総合科学部准教授 都市防災計画論)
  • ● 大木 聖子(慶應義塾大学環境情報学部准教授 地震学・災害情報論)
  • ● 小林 博人(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授 建築・都市地方設計)
  • ● 坂 茂(建築家)
  • ● 古久保 英嗣(公益財団法人 日本住宅・木材技術センター理事長)
  • ● 渡會 清治(日本都市計画家協会理事 都市計画・まちづくり家)
  • ● 鈴木 興太郎(平成30年度日本木青連会長)
  • ● 川添 恵作(平成30年度日本木青連副会長)
  • ※日本木青連関係者以外は五十音順

ページトップへ

お問い合わせ

EmailまたはFAXでご連絡ください

日本木材青壮年団体連合会

ウッドトランスフォームシステムコンペティション事務局

担当:木材利用推進委員長 長谷川 泰治

(TEL:03-5245-1151)

Q&A

Q&Aをダウンロードする

応募について

  • Q1同一の応募者が複数応募することはできますか?

    できます。

  • Q2指定の応募用紙に記入しきれないのですが、複数ページ使用することはできますか。また、その際指定外の用紙に記入してもいいですか?

    原則として、指定の用紙をお使いください。

  • Q3応募用紙のサイズを変更して使うことはできますか?

    できません。指定の用紙をお使いください。

  • Q4親子・家族で応募する場合は、どう記入すればいいですか?

    複数人での応募となりますので、「応募チーム名」をご記入の上、連絡の取れるチーム内担当者のお名前をご記入ください。

  • Q5連名での応募はできますか?

    「応募チーム名」に連名でご記入いただけますが、連絡を取る方を1人決め、そちらを「応募者(チーム内担当者)」としてご記入ください。

  • Q6複数人での応募の場合、人数制限はありますか?

    ありません。

  • Q7英語で記入することはできますか?

    できます。

  • Q8模型・実物を作成し提出することはできますか?

    できません。写真を撮影し、応募用紙に挿入しご提出ください。

ウッドトランスフォームシステムについて

  • Q9「木造システム」に、段ボールや紙素材、竹は含まれますか?

    ここでいう「木造システム」に段ボールや紙素材、竹は含まれません。ただし、一部それらの材料を使う作品は認められます。

  • Q10木材を燃やすことを、変形として扱うことはできますか?

    原則不可とします。例外的に、一部燃やすことは可とします。

  • Q11変形にあたって、どのような工具が必要になるか分からないのですが、応募できますか?

    できます。ただし、平時どの部分に工具を格納しておくか、わかるようにしてください。

  • Q12一部に金具その他の素材を使用することはできますか?また、できる場合、量に制限はありますか?

    できます。使用量に制限はありません。

  • Q13大きさに制限(上限・下限)はありますか?

    ありません。

  • Q14寸法・納まりが正確に想定できませんが、応募できますか?

    できます。

  • Q15木造以外の部分だけが変形するものでも認められますか?

    認められます。

  • Q16例えば部材を1つ取り外すだけ、回転させるだけというような簡単な変形でも認められますか?

    認められます。

  • Q17実物試作の後、どうするのですか?

    関連団体にて展示予定です。試作品の所有権は、主催団体・製造者・応募者で別途相談・協議させて頂きます。

  • Q18平時の利用について、例えばお祭りの屋台のような一時的に使うものでもいいですか?

    一時的に使うものも認められます。