応募方法

  • 応募用紙をダウンロード

  • 応募用紙に記入

  • 応募作品を提出

  • ❶ 応募用紙をダウンロード

    コチラから応募用紙をダウンロードしてください

  • ❷ 応募用紙に記入

    A4サイズの応募者情報入力フォームと、A3サイズのアイディア入力フォームの2枚で1セットの構成です。

    アイディアは図面に限らず図や絵を用いて自由にご記入ください。

    実物や模型がある場合は、写真を応募用紙に貼り付けてください。

    手書きの場合は、応募用紙を印刷し、そこに図や絵を用いてアイデアや説明を手書きしていただき、その応募用紙をスキャンしてPDFデータ化してください。※スキャンする機材がない場合は、事務局へお問い合わせください

    ※図の巧拙により審査するものではありません。アイディアの内容によって審査いたします。

  • ❸ 応募作品を提出

    応募用紙を以下の応募フォームからアップロードしてください。

    データの形式はExcelもしくはPDFでお願いいたします。

    ※データの容量は10Mバイト以内

応募フォーム

ページトップへ

お問い合わせ

EmailまたはFAXでご連絡ください

日本木材青壮年団体連合会

ウッドトランスフォームシステムコンペティション事務局

担当:木材利用推進委員長 長谷川 泰治

(TEL:03-5245-1151)

Q&A

Q&Aをダウンロードする

応募について

  • Q1同一の応募者が複数応募することはできますか?

    できます。

  • Q2指定の応募用紙に記入しきれないのですが、複数ページ使用することはできますか。また、その際指定外の用紙に記入してもいいですか?

    原則として、指定の用紙をお使いください。

  • Q3応募用紙のサイズを変更して使うことはできますか?

    できません。指定の用紙をお使いください。

  • Q4親子・家族で応募する場合は、どう記入すればいいですか?

    複数人での応募となりますので、「応募チーム名」をご記入の上、連絡の取れるチーム内担当者のお名前をご記入ください。

  • Q5連名での応募はできますか?

    「応募チーム名」に連名でご記入いただけますが、連絡を取る方を1人決め、そちらを「応募者(チーム内担当者)」としてご記入ください。

  • Q6複数人での応募の場合、人数制限はありますか?

    ありません。

  • Q7英語で記入することはできますか?

    できます。

  • Q8模型・実物を作成し提出することはできますか?

    できません。写真を撮影し、応募用紙に挿入しご提出ください。

ウッドトランスフォームシステムについて

  • Q9「木造システム」に、段ボールや紙素材、竹は含まれますか?

    ここでいう「木造システム」に段ボールや紙素材、竹は含まれません。ただし、一部それらの材料を使う作品は認められます。

  • Q10木材を燃やすことを、変形として扱うことはできますか?

    原則不可とします。例外的に、一部燃やすことは可とします。

  • Q11変形にあたって、どのような工具が必要になるか分からないのですが、応募できますか?

    できます。ただし、平時どの部分に工具を格納しておくか、わかるようにしてください。

  • Q12一部に金具その他の素材を使用することはできますか?また、できる場合、量に制限はありますか?

    できます。使用量に制限はありません。

  • Q13大きさに制限(上限・下限)はありますか?

    ありません。

  • Q14寸法・納まりが正確に想定できませんが、応募できますか?

    できます。

  • Q15木造以外の部分だけが変形するものでも認められますか?

    認められます。

  • Q16例えば部材を1つ取り外すだけ、回転させるだけというような簡単な変形でも認められますか?

    認められます。

  • Q17実物試作の後、どうするのですか?

    関連団体にて展示予定です。試作品の所有権は、主催団体・製造者・応募者で別途相談・協議させて頂きます。

  • Q18平時の利用について、例えばお祭りの屋台のような一時的に使うものでもいいですか?

    一時的に使うものも認められます。